歴史好き女子めぐるの『おでかけ日和』

史跡や歴史的建造物、寺社仏閣をメインに旅している歴史好き系カメラ女子のブログです。はてなブログ2019.10.14~

倉敷刀剣美術館

 

6月1日~7月31日まで開催されている企画展、新撰組隊士が愛した刀工達Ⅱ』を見に行って来ました( ´艸`)

雨の日は建物の中でゆっくりと刀鑑賞・・・幸せです。





二階に上がってすぐに見えるのは次郎太刀と同派・同作者の刀。

・・・うーん・・・どうしてもガラスで反射してしまって向かいに展示されている刀が沢山写ってしまいました。

見にくくてすみません・・・。

鎬地に樋(多分棒樋かな・・・?)が彫られて軽量化されているのですが・・・それでも絶対に重い・・・。

振れる気がしません(A;´・ω・)





沖田総司が使っていたといわれる加州清光(上・下)と大和守安定(真ん中)のどれも同派・同作者の刀。


加州清光の茎。

茎尻は入山形が好きな私です(●´ω`●)←




沢山展示されていたのですが、(国重や勿論備前長船のものも!!)刀の全体像はどれを撮っても向かいの物が写りこんでしまうのでこれだけにしておきますね(´・_・`)







新撰組の企画展をやっている時にはおなじみの装飾品。

二階に上がってすぐには赤い『誠』の旗もありました!!

地元で新選組を感じられるのは嬉しいです(☆/>u</)





最近じっくり見たいのは刀身は勿論なのですが・・・鍔だったりします(●´ω`●)

今年の初めに長船の刀剣博物館に行ってから密かに嵌ってしまいました。

今日も刀を見つつ鍔にニマニマしつつ・・・(笑)




いやぁ、良い時間が過ごせましたヾ(@^▽^@)ノ




一階には更に沢山の刀がずらりと並べられていて毎度のことながら圧倒されつつ鑑賞してきました♪




そうそう、ここに来ると行きたくなってしまう、備前長船刀剣博物館。

夏季の特別展はなんと『薄桜鬼 刀剣録 ~幕末維新の刀剣展~』らしいです(*・ω・*)b♪

新選組縁の地を巡るとよく見かける薄桜鬼とコラボですと!?

薄桜鬼自体はよく知らないのですが、新選組や幕末志士の刀剣、幕末の事件にまつわる武器や武具などが展示されるらしいので、絶対に行かねば!!

期間は7月16日~9月19日まで。

今から楽しみです♪