歴史好き女子めぐるの『おでかけ日和』

史跡や歴史的建造物、寺社仏閣をメインに旅している歴史好き系カメラ女子のブログです。はてなブログ2019.10.14~

沈没から150年・・・開陽丸in江差

この日、船を訪問するの2件目・・・。
すごく船が好きな人みたいと一人思いつつ、開陽丸のもとへとやってきました。
 
 
車で走っていると、道が海沿いということもあって、結構離れたところからでも開陽丸を発見!!
実物大が海にドーンと設置されているので目立つ目立つ。
 
 
 

『開陽丸沈没百五十年記念』という看板も発見!!

沈没って全然良い事ではないけれど、記念していいのかな・・・?と、思いつつ・・・。

『記念』って良い意味で使われるイメージなのでしっくりきませんでしたが、普通に150年目ですよって意味合いで捉えれば良いのかな!?
 
 

 

開陽丸から引き揚げられたものが海の駅の建物ないにも多く展示されていました。

こちらはミニ―エ銃の銃弾。

他にもブーツやボタンといった、普通に身につけるものも・・・。
 

 

入場券を買って、開陽丸の中へ。

近くで見ると、当たり前だけど大きい。

ドキドキそわそわしながら乗船・・・。
 

 

中は大砲やハンモックなどが設置され、それを実際に扱っている人たちも実物大フィギュアで作られていて、当時の船内での様子が再現されていました。

写真の奥の方にいる人たちは他の見学者さんではなく、再現された人達です。

こうやって見ると、一緒に開陽丸に乗り込んで戦っている気分になりますよね。

実際にハンモックに寝そべってみたり、大砲を打ってみたり・・・体験も出来たので更にそんな気分になりました。

 

 

弾薬庫。

ここだけではなく、船内にズラーッと並んでいて、『触ると汚れます』という注意書きを気にせずサワサワ・・・。

これが飛んできたらひとたまりもない・・・。
 

 

甲板にも上がってみました。

ちょっと船長気分。

 

 

思わず走り回りたくなるような広い甲板(実際には走っていません)。

 

 
 

 

一人で面舵いっぱーい!!とか言って遊んでいました。笑

丁度、甲板に居た時には誰も上がってこなかったのでラッキーでした。

車の運転も、少々思い切りが良い私ですが、船を操縦するとどうなるのでしょう!?
開陽丸みたいな船は一人では操縦出来ませんし、する機会はないでしょうが、最近船舶免許が欲しいと思っていたり・・・。
 
 

再び船内に戻って・・・

作戦会議中の方々を発見!!

榎本さんの後ろ・・・一番奥にいるのが土方さんです。
立ち位置が控えめなの・・・素敵です。
 
 
さて、この後、この日で一番歩き回りました。
海の駅に戊辰戦争縁の地がいろいろと紹介されていまして・・・それを頼りに車でも行けるのにわざわざ歩く辺りが私です。
それについては次回から簡単に紹介していきますね。