歴史好き女子めぐるの『おでかけ日和』

史跡や歴史的建造物、寺社仏閣をメインに旅している歴史好き系カメラ女子のブログです。はてなブログ2019.10.14~

【フランス】フランスで過ごす誕生日と年越し【8日目】

やっとブログが12月31日まで来ました。
誕生日を迎えたこの日、まず向かったのはサント・シャペル。
朝一で行ったので列もまだ短く、すぐ入れる!!と思っていたら…なんとモン・サン・ミシェルで購入していた塩の瓶が入っている方のトートバッグを間違えて持って行ってしまい、荷物で引っかかって入れず。
慌ててホテルへと引き返して荷物を置き、再チャレンジしてようやく入れました。
なんてタイムロス…。
前日は列に並んでいる間に受付終了時間が来てしまって入れなかったし…なかなか縁に恵まれませんでした。
 
 
そんな紆余曲折を経てようやく中へ。
それでも入りたかったんです!!粘り勝ちですね。
 
 
 
 

外から見てもすごい建物でしたが、やっぱり注目は中。

目がチカチカするくらい色鮮やかで輝いていました。
でもメインはここではなくて…。
 
 
サント・シャペルといえばこの一面のステンドグラス!!
もう本当にどうなってるのーーーと思わず口をあんぐり開いて首が痛くなるのも気にせず上ばかり見上げていました!!
 
 
ステンドグラスに近づいてみる。
 
 
さらに近づいてみる。
ただの幾何学模様ではなくて人が描かれているのが分かりますか?
しかも一つ一つ違う模様…「キリストの受難」や「創世記」などの物語が描かれているそうです。これが作られたのは13世紀や15世紀…本当にどうなってるの!?
 
 
実は私はここの事を知らなくて、妹がフランスに行くならここがオススメ!!と建築学科の助教授に教えてもらったことから来た場所でした。

 

こんな素敵なものを知らずに通り過ぎるところでした。
本当にありがとうございました。
 
 
外に出ると教会というよりもお屋敷みたい。
 
 
 
門も装飾がすごいですよね。
さささーっと見る予定が思わず長居をしてしまいました。
 
 
その関係で中まで入れなかったノートルダム大聖堂
サントシャペル から歩いてすぐだったので行く予定だったのですが荷物を置きに行ったタイムロスも響いて入れませんでした。
 
 

妹が建築関係で見たいからとついて行った建物。

なんだか不思議な建物ですね。
建築家の安藤忠雄がーという話をしていた気がしますが、ちんぷんかんぷんで聞き流す私…。
 
 
 
 
そしてこの日のメイン!!
フランスのカウントダウンは盛大ということで来たかったのです。
正確には私はイギリスでロンドンアイの花火を見ながらカウントダウンしたくて妹はフランスでしたくて…じゃんけんで負けました。笑
晦日はフランスの交通網は早い時間で終わってしまうので早めに移動。
おかげで結構いい場所から見られました。
 
やっとまともに見られた凱旋門。人が多すぎてなんとかまともに写真を撮れたのはこれくらいです。
人の手が入りすぎてトリミングしたりアップにしたりしたので写真が余計にぼやけているかも。
今思えば動画を撮っておけば良かった…。
あの熱気と盛り上がりは思い出としてしっかり胸に刻むことにします。
 
 
 
1月1日になり、ホテルへと歩いて帰って寝て、あとはシャルル・ドゴール空港へ。
だったのでこの旅のブログはおしまいにします。
 
 
ではまた次のブログでお会いしましょう。