歴史好き女子めぐるの『おでかけ日和』

史跡や歴史的建造物、寺社仏閣をメインに旅している歴史好き系カメラ女子のブログです。はてなブログ2019.10.14~

【フランス】世界最大級の美術館に潜入【7日目】

ブログも7日目突入です。
基本的に旅行の時は朝が早いタイプ。
ホテルでバイキングを楽しんで早速お出かけです。
 
 

地下鉄の駅まで歩いていたらお店の前にフルーツが並んでいました。

このオレンジ率…フランスっぽい。
あ、フランスだった。笑
 
初日で地下鉄には慣れたのですが…ここで事件が…
無事に地下鉄に乗り走り始め…次の駅に着き…なにやらフランス語で放送があったと思ったら全員降り始めた!!
え、なになに!?と戸惑っていたら英語出来る方が電車に残された私たちに声をかけてきてくれました。
どうやら電車の故障で次いつ動きだすか分からないらしい…。
なんか電車もシュッシュッと汽車みたいな音を立てて車輪のあたりから煙が出てる。
そしてここで待っていたら予定が狂う!!
ここからなら歩ける!!ということで歩くことに。
 
 
歩いていたらお洒落なアップルのお店を発見しました。
外観から漂う高級感…
同じiPhoneを買ってもここで買うと高そう…。
というか金のiPhoneとか出てきそう!!
外観だけで妄想は膨らみます。
 
 
 
 

この噴水が見えてきたからもうすぐかな?と心躍らせながら進みます。

 
 
 
 

目的地はここでした。

ルーブル美術館

100%並ぶから少しでも早く入れそうで美術品も見られそうな朝一でここに来ました。
朝早くにも関わらずたくさんの人!!
流石ルーブルです。
 
 
空港のような荷物検査を受けて無事に中へ。
あのルーブル美術館の建物で有名なピラミッドの中に入っているだけで感動~。
さすが世界最大級の美術館だけあって展示エリアへの入り口は四方に分かれていて入る場所によって見たい展示が遠くなってしまう場合も…。
まずは絶対見たいものを目指そうということでマップと睨めっこをした結果、妹が見たがっていたミロのヴィーナスの目指しました。
 
 
 
ふぉおおっ!!
当たり前だけれど本物!!
すでに人が多かったけれど朝一で行ったのが正解だったみたいです。
後で再び通りがかったら近づけそうにもないくらい人が群がっていました。
思っていたより大きい…。
私と同じくらいの身長だと思っていました。
 
 
スフィンクスもいました。
もしかしてナポレオンがエジプトから持って帰ってきたのかな?なんて詳しくないから妄想が膨らんでにやにや。
 
 
元々はフィリップ2世が建てたルーブル城だった建物を美術館にしたのがルーブル美術館
建物だけでも十分美しい。
そこに世界的に有名かつ重要な美術品がこれでもかと並んでいるのだから圧倒されまくりでした。
この圧倒的な数の美術品が似合うのはこの美術館だからですよね。お互いに引き立てている感じでした。
 
 
私が見たかったのはこちら。
ニケ様ーーー!!
はい、サモトラケのニケです。
世界史の資料集で知ってからなぜかお気に入りなのです。
うちの会社にあるトロフィーの上にもなぜかミニチュアのニケ様が乗っていて勝手に親近感を持っています。笑
四方からの階段が繋がる踊り場にドーンと佇むサモトラケのニケ
開けた場所に美術館はこの1つ。
ここを通った人の目を全て集めて釘付けにしてしまう圧巻の存在感。
溜め息ものでした。
 
 
このお部屋は壁画と天井画で賑やかですね。
あえて美術品を置く必要がないのでは…と思いつつ見て回りました。
 
 
壁には歴代の王様らしき人たちの肖像画が。
この人なら分かる。
ブルボン朝の最盛期かな…太陽王ですね(世界史選択だったくせに日本史の方が好きなもので)
 
 
 
 
 
そしてここに置いてあった美術品!!いや、装飾品!?
この王冠…敷き詰められているのはガラス玉なんてわけないですもんね!?
宝石ですよね!?…え、この大きさ!?
凡人には理解できない贅沢な世界…。
 
 
を、もう少し堪能したのでルーブル編が続きます