歴史好き女子めぐるの『おでかけ日和』

史跡や歴史的建造物、寺社仏閣をメインに旅している歴史好き系カメラ女子のブログです。はてなブログ2019.10.14~

【イギリス】クリスマス早朝散策【2日目】

今日から仕事…この現実だけが今は重くのしかかる…。
いやぁ、久しぶりすぎて仕事を覚えているかすら不安です…。昨日久しぶりの運転も不安でした…。あ、でも身体が覚えていました。
無事車の免許更新もできました。
ゴールド免許です。これからも安全運転を心がけよう!!
 
 
 
さて、イギリス旅を書き進めましょう。
なんだかんだで1月の休みはフルで予定が入っていて大忙しなのです。
 
 
 
朝は毎朝ホテルのレストランでバイキングを楽しんでいました。
初日にチョイスしたのはこちら。
イギリスの料理は美味しくないという前評判を聞いていたので、正直期待はしていなかったのですが…やっぱり人の意見よりも自分の経験だなぁ、と思いました!!
とっても美味しい。
特にベーコンとハッシュドポテト、パンはこのホテル滞在中、毎朝欠かさず食べるレベルで好みの味付けでした。
本気で冷凍とかして持って帰りたかった…。
 
 
初日は張り切って5時半の開店時間辺りに行ったので、人が少なくて写真撮り放題でした。
クリスマス飾りもシンプルでオシャレかわいい…。
 
 
 
準備をして、この日は電車やバスもお休みということで観光名所を含めて散策することに。
これでも朝ごはんをのんびり食べて、準備もゆっくりしたので7時くらいです。
緯度が高いからお日様が出るのが遅い…。
この時間だと、日本ではすでに道端で人をよく見かけるのですが、ロンドンという大都市にもかかわらず人は疎ら…。見かけたのはほとんど私たちと同じ観光客らしき人ばかりでした。
 
 
憧れの1つだったロンドンの赤い電話ボックス。
やっぱりかわいい。そして街並みによく似合う。
こちらでも公衆電話を使う人は少ないのか、Wi-Fiスポットを兼ねていました。
そうしてでも電話ボックスを撤去しない感じがまたいい…!!
 
 
 
 

歩きながら適当にカメラを向けてシャッターを切っても悔しいくらい絵になる。

だんだんここはディズニーランドだったっけ!?と戸惑い始めるオシャレなものに免疫のない私…。
 
 
 
イギリスで見た家は、ほとんど道からすぐ玄関で、見えない裏側に庭があるというスタイル。
この白い家なんて、フルハウスのミシェルやジェシー達が住んでいる家みたい!!(あれはアメリカのドラマだけど…)
 
 
脇道をちょっと覗くとそこもまたオシャレ空間…本当にどうなってるの!?ロンドン!!最高ですか!!
スキー場のイラストが不思議なくらい違和感がない…(この時まだ本気でディズニー気分でした)
 
 
徐々に住宅地から出てお店もちらほら…
んんん…レトロな看板!!
ここはやっぱりディズニー!?映画の中!?それとも海外ドラマのセット!?情報過多で頭爆発寸前です。笑
 
 
 

やっと分かる建物が見えてきた…

ヴィクトリア・アンド・アルバート美術館。
建物の存在感からすごい!!
入ってみたかったけれど、この日は公共交通機関だけでなく、施設も殆どがお休みでした。
 
 
こちらも超有名デパートのハロッズ
こちらも…。
 
 
でも、お休みの日でも外から見えるショーウィンドウが楽しませてくれました。
サンタさんがかわいい。
 
 
ハロッズのある通りは、ずらーっと星のイルミネーションが飾られていて、レトロな建物と相まってメルヘンな世界でした。
シンプルな飾りなのに可愛すぎる。
日中になると、人や車の通りが多いこの道。こんな風に撮れたのはやっぱり早起きは三文の徳というものですかね。
 
 
現代ちっくな看板もレトロな建物合わせると独特なオシャレ感。

歩いているだけで本当に楽しかったです。

…なんて話をしていたら、街並みを紹介するだけで終わってしまった。
それだけステキな街でした!!イギリス!!ロンドン!!
 
 
 
次回はもっと皆さんが知っている場所が出せる…と、いいなぁ…。
 
 
 
 
今日から学校、お仕事の方も多いのかな。
休み明けの通学、通勤は辛いですが…今日も楽しくいきましょー!!
皆さん良い一日を。