歴史好き女子めぐるの『おでかけ日和』

史跡や歴史的建造物、寺社仏閣をメインに旅している歴史好き系カメラ女子のブログです。はてなブログ2019.10.14~

伏見周辺幕末巡り

三連休の京都旅、2日目は伏見の辺りを散策していました。
1人でのんびりと伏見方面に行くこと自体が久しぶりだったので、これを機にまだ行ったことのない石碑や史跡も見ておきたいなぁ、と思いまして。
 
 
まずは今年、期間限定で5種類の特別御朱印をいただける、御香宮神社さんへ。
10月から最後の1枚がいただけるとのことで、コンプリートしに行きました!!
 
ちょうどお祭りの真っ只中でした。
屋台を見て回るのも大好きなので、ラッキー!!
参拝にはいつもの倍以上の大行列ができていました。
 
 
 
そこから歩いて伏見奉行所跡へ。
久しぶりとはいえ、何度か来たことがあるので迷いませんでした。
何となくでも覚えているものですね!!
鳥羽伏見の戦いの際、新選組がいた場所。
ここで最期の年越しをした人もいたのかぁ…。
 
 
 
市中戦での銃痕
150年もずっと風雨にさらされ続けているのに、今でもはっきりと残されています。
 
 
近くには会津藩が駐屯したところも。
当たり前だけど、幕末史跡がこの辺りに密集しています。
少し歩けば石碑や史跡に辿り着くから巡るの楽。
 
 
伏見土佐藩邸跡
ここの石碑ははじめましてでした。
平成21年に建てられた石碑が多いんですよね。
そして、それ以降にも伏見に来ているはずの私ですが…あれ!?笑
 
 
言わずと知れた寺田屋
次ここに入る時はお泊まりしたい…と目論んでいます。
 
 
 
橋のすぐそばにある石碑。
ここから龍馬さんとおりょうさんを撮るの忘れてた。
 
 
 
こちらの藩邸跡もはじめまして。
ちょうど近くで工事をしていたので、目の前に荷物が置かれていたのですが、ちょっとすみませんよ~っと写真を撮らせてもらいました。
そういうの、諦められないタイプ←
 
 
 
寺田屋から逃げ出した龍馬さんが避難した材木小屋の跡。
こんな所まで石碑として残ってたのかー!!知らなかった。
 
 
 
寺田屋からどれくらいの距離なんだろう?と、気になってマップで出してみました。
龍馬さん…頑張りましたね。
走れない距離じゃないけど、怪我してて全力で走ったら結構きつい距離な気がするよ!?
 
 
 
 
その後、龍馬さんが避難した薩摩藩
材木小屋からはすぐの場所にありました。
篤姫も江戸へ向かう際に滞在したらしいです。
 
 
さらに歩いて墨染へ。
ここまで来ると結構歩いた感。
藤森神社へはよく行くくせに、この石碑ははじめましてでした。
この辺りで御陵衛士の残党に襲われたんですね。
よく伏見奉行所まで帰り着いた!!
 
 
この後、歩くのは疲れたので、というか逆走してしまった感があるので、一旦電車に乗って今度は淀方面へと行くのですが、それはまた次回のブログで。