歴史好き女子めぐるの『おでかけ日和』

史跡や歴史的建造物、寺社仏閣をメインに旅している歴史好き系カメラ女子のブログです。はてなブログ2019.10.14~

新政府側の視点に立ってみよう…函館山夜景

北海道旅3日目の最後にやって来たのはここでした。
函館といえば、ここから見る夜景が有名ですよね。
暗くなってからだとロープウェイが混んだり、既に人が多かったりで大変と聞いていたので、早めに上がりました。
明るいうちの写真も撮りたかったですしね。

 

 

ところが・・・

!!!!????

 

 

日中、あれだけ天気が良かったのに、ここにきて天候が・・・!!
こういう時、日ごろの行いが問われますよねぇ・・・。
雨女の本領発揮、こんな時にしなくていいから!!
 

 

暗くなるまでになんとかならないかなぁ・・・と思っていたら

雲は多いものの、霧は晴れくれて微かながらに綺麗な夕日が見えました。

 

 

良かった~。

これだけでも登ってきたかいがあると思える!!

 
 

 

だふぃぞうさんと夕日。

 

 

 

夕日が出てきて、外に人も増えました。

小腹がすいたので、カニ入りコロッケとじゃがバターを食べて、スタンバイ!!
一番前は既に埋まりつつあったものの、なんとか入りこめました。
 
 

 

暗くなる前の函館山からの景色。

街が一望できます。

写真では分かりにくいですが、五稜郭の位置もはっきり分かりました。

・・・弁天台場跡の位置も大体把握・・・。

こりゃ向こうからの砲撃は届かないし、狙い放題ですわ・・・。

改めて、やられたなぁ・・・感。

いや、でもよくここまで人の力で大砲を持って登ったなぁ・・・。解体していたとはいえ、一つ一つのパーツも重いと思うのに・・・。

やるなぁ・・・。

 

 

 

ポツリポツリと町の色変わってゆけば~♪

と、ゆずの『雨のち晴レルヤ』が頭の中で流れる光景。

 

 

 

だいぶ暗くなってきて、街の明かりで海と陸との境が分かるように・・・

ミシュラン3つ星の夜景までもう少し・・・

 

 

あぁあああああっ!!

このタイミングでまた霧が・・・

そして雨もパラパラと。
後ろの人達も撮りたいだろうし、一応夜景も撮れたしと、ここで私は撮影終了してきりあげました。
で、屋根のあるところへ入った瞬間、背後の音が変わった・・・。
振り返ると、外が見えないくらいに真っ白になっていました。
原因は、霧ではなくまさかの雨。
響く悲鳴と駆けこんでくる人達。
鳴り響き始める雷。
ごめんなさい、心の中で思いました。
 
 
 
セーフ。
 
 
落雷でロープウェイが止まる可能性があるとアナウンスがあるなか、早めに屋内に入った私は待ち時間も少なくロープウェイに乗り込むことができ、さっさと函館山をあとにしました。
切り上げの決断が早くて良かった。
 
 
山を下りても結構な雨が降っていて、この日知り合ったお姉さんに教えてもらったお店でご飯を食べる予定だったのですが、断念・・・。
疲れてしまったのもあって、函館駅のロッカーに入れていたキャリーバッグを持ってホテルへと移動しました。
これまでは駅の近くを狙ってホテルをとっていたのですが、函館だけは五稜郭近くにホテルをとっていたので、預けることが出来なかったのです。
路面電車五稜郭前駅で下車して、すぐのホテルでした。
名前が変わっているのを忘れていて、若干迷いましたが、ビルの間から見えた五稜郭タワーがかなり近くに見えてテンションが上がったのは良い思い出です。
 
 
さて、やっと3日目が終わりました。
あと2日・・・
次回からは4日目の旅ブログを書いていきます。
当日のブログを読んでくださっている方はご存知のとおり、この日は今までと少し違ってレンタカーで大暴走・・・いや、ドライブしました。
もちろん、史跡めぐりです。
 
 
4日目も3日目と負けないくらい記事が多くなりそうですが、温かい目で見てやってください。