歴史好き女子めぐるの『おでかけ日和』

史跡や歴史的建造物、寺社仏閣をメインに旅している歴史好き系カメラ女子のブログです。はてなブログ2019.10.14~

永倉新八縁の『水天宮』in小樽

もう北海道旅行から帰って1週間!?
まだ、な気もする・・・。本当に自分が行っていたの?という気もする・・・。
なんだかとても不思議な感覚です。
 
 
とはいえ、詳しく書いていきますね~、なんて言った手前、書かないわけにはいかない。
さて、私のゴールデンウィークはどこまで続くのでしょう!?
 
 
今回の北海道旅行は本当に天気に恵まれず、雨あめアメ・・・という状態で荷物の多い私は結構移動には苦労しました。
小樽でも例に漏れず着いて早々、「折り畳み傘では防げないやつだ!」と思い、すぐに傘を買うレベル・・・。
小樽運河沿いではなく、駅からすぐのホテルを予約していたのが、功を奏しました。
すぐに荷物を預けて身軽になると早速観光へ。
 
 
最初に行こうと決めていた場所へ向かう途中、雨を少しでも防ぎたいと通った商店街で蝦夷共和国の総裁・榎本さんと遭遇しました!!
当日のブログでは知っていて通ったのかな!?と思わせるくらいしれーっと書いておりましたが、実は知らなくて、「えぇえ、こんな所にいらっしゃるとは!!」状態でした。笑
結構用意周到に調べているように見せかけて毎回行き当たりばったりなタイプです。
 
 

 

 

目的地へ向かう道すがらの桜。

本州ではとっくに散ってしまった桜が見られる幸せ。
丁度満開で、雨で花びらが舞っている姿もとても綺麗でした。
 
最初の目的地はこちら。

水天宮さん。

こちらは新選組永倉新八さんが晩年、お孫さんを連れて足しげく通っていたとかで、同じ景色が見たくて行きました。
結構な坂の上にありまして・・・。
おじいちゃん元気だったんだなぁ・・・流石だなぁ・・・とゼーゼー言いながら行きましたよ。
 
 

 

 

と、いうのもここは小樽港が一望できる『小樽市重要眺地点』でもあるらしいです。

 

雨が結構降っていたのですが、それでもこれだけ良い眺め。
船があるー、心なしか潮の香りがするー、とテンションが上がる海好き。
 
 

 

 

小樽市の桜の名所の1つでもあるらしいです。

これだけの素敵な景色が集まった場所・・・永倉さんが通ったのもうなずける・・・。
近くにあったら私も通いそうです。
足腰が鍛えられて永倉さんみたいに晩年まで元気で過ごせそうですね。
 
 
こちらでは御朱印とお守りをいただきました。
御朱印は印刷に日付を入れてくれるスタイルです。
 
 
お守りは写真の真ん中のです。
色が面白くて好きなタイプだったので。
 
 
 
結構展望台として楽しまれている方も多かったので、小樽に行かれる際は小樽運河の周辺だけでなく、ぜひ水天宮さんにも足を運んでみてください。