歴史好き女子めぐるの『おでかけ日和』

史跡や歴史的建造物、寺社仏閣をメインに旅している歴史好き系カメラ女子のブログです。はてなブログ2019.10.14~

今年もカニっ食っべいこー♪in鳥取part2

真田丸ロスなう…。

来週から『真田丸』を1から再放送、または『新選組!』を・・・なんて粋な計らいはありませんよね?

 

 

気を取り直して、鳥取旅の続きを書いていこうと思います。

と、言っても今回は鳥取砂丘のすぐ側にある砂の美術館オンリーです。

 

 

今年は『砂で世界旅行 南米編』です。

ここは、テーマに沿った砂像を展示している為、世界でもしかすると唯一?常設展示というものがない美術館です。

だから、その年に行かないと二度と生でその作品にお目にかかれない、とついつい毎年のように足を運んでいます。

完全に砂の美術館のファン状態です(笑)

因みに去年は『ドイツ編』でした。

興味のある方は私のブログを遡ってくだされば、去年のドイツ編の見ることが出来ます。

沢山の展示があるので、今回は一部を紹介しますね♪

 

 

 

入ってすぐの展示。

何がすごいって・・・

 

背景の建物。

これ、正真正銘全て砂で出来ています!!

奥行きがあるようで意外と薄っぺらい。不思議な感覚に襲われました。

作業が細かすぎて理解が追い付きません。

少しの事ですぐ崩れてしまいそう。

でも、思い出してください。

今年は鳥取で大きな地震がありました。

それでも崩れず、砂の美術館は地震翌日も確か開館していたはずです。

どんな設計で、どんなバランスで作っているのでしょうね・・・。

 

 

今年、何度も何度もテレビで観た顔が。

何だか分かりますか?

 

これできっと分かりますよね。

ブラジルのキリスト像です。

3つの大きな砂像を合わせて作られています。

これだけでも去年よりパワーアップした感があったのですが、更に凄い物が。

 

 

そびえるマヤのピラミッド!!

勿論砂で作られた建物も凄いのですが、何が凄いかというと、左下に注目・・・。

 

 

水が流れているのです!!

砂と水の相性は最悪・・・。

水に濡れると砂は崩れてしまいます。

だから、無謀と言われつつの挑戦だったのだとか。

それを偶然観ていたテレビで紹介されていて、今年も行かねばと思っていたのです。

実物を見られて良かった!!

 

 

壁の向こうに見える人が気になりながら2階へ・・・。

 

 

2階からの景色はまた最高でした。

からしか見られない、マチュピチュが出現!!

しかも、後ろにはマヤのピラミッドが。

私が行ってみたい所の夢のコラボです。

 

 

2階の通路を通ってピラミッドの真横まで行ってみました。

近くで見ると更に繊細且つ迫力がありますよね。

 

 

外にはこんな可愛らしい砂像もありました。

 

 

そしてやっぱりオリンピック!!

4年後はまさかの世界旅行 日本編なのかな!?

是非清水寺を砂で再現していただきたい、なんて思ったり・・・。

 

 

砂の美術館から見える鳥取砂丘

今回は雨が降っていたので砂丘には行きませんでした。

なので、ここからの写真が唯一の鳥取砂丘です。

 

 

アンデス系のデザインが好きな私は自分用にここでお土産を購入。

 

{A8E280B4-2824-4A07-B0F5-AE58FEA4EEBB}


 これ、今は部屋にぶら下げているのですが、鳥のオーナメント。

 

可愛い!!と、一目惚れでした。
 
 
{3421BE91-1943-42DA-836B-F81F89CC07BC}

もう一つは手袋。
こういう柄が大好きで。
アルパカの毛も入った手編みらしいです。
同じようなデザインのリュックも気になったのですが、そちらはまた出会いがあれば・・・。
 
 
 
今回も鳥取を満喫しました。
歴史関係なしで何度でも行きたい一押しの場所、砂の美術館かもしれない。
はい、来年も行く気満々です!!
私が行った時にはまだだったのですが、今はプロジェクションマッピングも開催されているそうなので、鳥取に行かれる方は是非。