歴史好き女子めぐるの『おでかけ日和』

史跡や歴史的建造物、寺社仏閣をメインに旅している歴史好き系カメラ女子のブログです。はてなブログ2019.10.14~

始まりの地・伝通院

後楽園駅を出て少し歩いた所に伝通院という寺がある。

それこそが新選組の前身である浪士組の出発の地だ。






以前来た時にも思ったのですが、存外入り組んだ場所にあるますよね。

そして新しい・・・。

案内板が出ていなければきっと私の様な方向音痴には辿り着くことが出来ないでしょう・・・。






提灯をアップで。

新選組の本では『伝通院』と書かれている事が多いですし、私も変換が楽なのでいつもはそう書いていますが、『傳通院』って格好良いですよね。

ただ旧字になっているだけなのに何故なのでしょう・・・。威厳を感じる。






本殿。

ここに集まった浪士達から見た景色はこんな感じでしょうか。

ここでもみくちゃになりながら清川八郎の話を聞いたのかな?






本殿から。

清川八郎視点ということで。

ここの境内は結構広いんですよね。

昔からこの広さだったのかは分かりませんが、集まった浪士は二百三十余。

これなら入れそう!!






ここで頂いた御朱印と御供物。

御朱印と一緒に何かを頂いたのはここが初めてでした。

中には葵の御紋入りのお煎餅が。

未だに食べる勇気が出ておりません(A;´・ω・)





今にも雨が降りそうな天気でしたが、傘を持っていない私に味方してくれたのか、曇り空のまま耐えてくれました(●´ω`●)

そして後楽園駅に戻るとすれ違うように白塗りのピエロの様な格好の人達がぞろぞろと。

野球観戦かな?