歴史好き女子めぐるの『おでかけ日和』

史跡や歴史的建造物、寺社仏閣をメインに旅している歴史好き系カメラ女子のブログです。はてなブログ2019.10.14~

小さな頃には宝の地図が


今しがたクローゼットの中から光を求めて這い出てきました、どうも大晦れのです。





何故そんな怪しい所から・・・?と言うと、子どもの気分に立ち返ってみようキャンペーンを実施しておりました。

ついでに小さい頃の日記や絵などを漁りつつ。


決して奇行ではありませんからね!?

今執筆中の作品に小学校低学年の子が出てくるのですが、それ位の年齢の子がどんな思考や行動をするのかを自分の過去から探ってみようと思って突発的にやってみたのです。

小さい子って暗くて狭い所に入りたがったりするじゃないですか。かくれんぼみたいな感じで。

・・・あ、やっぱり変かも(笑)




ノートに何かを書くことが大好きな子どもだったので、振り返る為の資料が思った以上に充実していました。

例えばこれ。



私の初めての日記帳です。

4歳の誕生日に近所のお姉さんからもらって、その日書き始めました。

何故分かるのかと言うと、最初のページに読みにくい字で書いてあったからです。

日付は母が書いてくれたらしく、きちんと西暦まで書いてありました。これは助かる!!


『きょうは』が『ちょうわ』になっていたり、ノートの横線からはみ出ていたりとかなり自由な筆運びで解読は難しいですが、子どもの頃は楽しかった思い出しか書かなかったなぁと当時を思い出して心がほんわかしました。

日記は途中書かなかった時期もありますが、このノートを皮切りに今でも続けています。


小学校に入ってからの日記はだいぶ文字が読みやすくなりいくつか読んでみたのですが、この頃になると、何故か将来したいことや夢が沢山書いてあるのです。

日記なのに(笑)

本当に小さい目標の様なものから将来なりたいものまで、大きさは様々です毎日どれだけ頑張って、且つどれだけ長生きするつもりだ!!と突っ込みたくなる位の量に思わず笑ってしまいました。

でも、その中には今でも目標にしているものや、高校生の時に作り、今でも毎日見たり書き足したりしている所謂『夢ノート』にも書いた内容が含まれていて、まだ自分は夢の途中なのだなと少し感慨深くもあり改めて頑張らねばと身の引き締まる感覚もあり。


たまには初心に帰る事も肝心だと言いますが、自分の過去を紐解いてみると自然と出来てしまうものなのですね。


小学校の頃の自分に、「叶えられたよ!」と自信を持って言える事もあります。「まだまだこれからも頑張るよ」という夢もあります。

正直、全てを叶えられる自信はありません。

けれど、「~したい」ではなく「~する」「~なる」と自信満々に書いている過去の自分は結構好きであり、今の自分の為にもそれを書いた過去の自分の為にも叶えたいと思ってしまっています。

言葉って不思議ですね。


沢山の夢を持つのが子どもの権利であり義務なのだとしたら、それを叶えるのが今の自分に課せられた義務であり、希望であり、やはり夢でもあります。


とりあえず、一番難しい夢は今見た中では『タイムマシンを買って新選組に会いに行く』かな。

タイムマシンは自分で発明しないという他力本願な所、昔から変わっておりません。

そんな自分、好きだ(笑)





さて、当初の目的は思い出に耽る事でも気持ちを新たにすることでもありません。

登場人物の参考にすることです。

今なら書けそうな気がする。

気持ち的には思いがけない収穫もありノッているので今のうちに書けるところまで書きます!!






・・・あ、自分今、埃まみれなんだった。